~ カラダを数値化して客観視する ~ 体重測定で脱正月太り! 

こんにちは!去年の年越しは、初めて勝浦で過ごした河内です!

初詣は勝浦の遠見岬神社に行きました。

さて、新しい年を迎え1年の健康を祈願された方も多いと思います。

しかし年末年始でいつも以上の食べ過ぎや不規則な生活リズム、そして運動不足…。そのどれもが「太る」要因です。

まだ大丈夫という主観だけでなく、肥満度チェック表を使ってご自身の身体を客観的に評価してみましょう。

20210116.png

男女にかかわらず、最も健康リスクが低いBMI(肥満度を表す体格指標)は「22」とされています。

まずは体重測定を継続して現状を把握し、数値の変化を観察することから始めましょう。

その際毎日同じ時間、同じタイミングで測定すると毎日の条件をそろえやすく、

起床後に排泄をしてから体重計に乗るとよりオススメです。

勝浦スポーツクラブ 河内 義紀