KSCの歩き方~血圧測定編②~

こんにちは!KSCでは1位・2位を争うほどの汗っかき、鈴木です!

もう一人の汗っかきは誰でしょうか(笑)

皆さんも身体を動かして汗をかいたら、塩分を含んだもので水分補給をお忘れなく♩


さて、今回は~血圧測定編②~ということで、「血圧の正常値」についてです。

さっそくですが、現在の診断基準として設定されている値を以下に挙げます。

至適血圧:収縮期血圧120mmHg未満 かつ拡張期血圧 80mmHg未満
正常血圧:収縮期血圧130mmHg未満 かつ拡張期血圧 85mmHg未満
正常高値血圧:収縮期血圧140mmHg未満 かつ拡張期血圧 90mmHg未満
高血圧:収縮期血圧140mmHg以上 または拡張期血圧 90mmHg以上

ちなみに、自宅で測定する場合の正常値は、収縮期・拡張期ともに5mmHgずつ低い、

収縮期血圧125mmHg未満 かつ拡張期血圧 80mmHg未満となります。

自宅では出先と比べ、気分がリラックスしていて血圧が低くなるからだそうです。

また、正常血圧よりも低く設定されている「至適血圧」とは何か皆さんご存知ですか?

これは、動脈硬化が起きにくいベストの血圧を示しています。

正常血圧内であっても血圧が低ければ低いほど、心筋梗塞や狭心症などの発症率が低いということが世界中の研究で言われていますが、あまりにも低すぎると立ちくらみ等の症状が出てしまうため、「至適血圧」という基準が作られました。

血圧測定の際にはぜひ参考にしてみて下さい。

20170707.jpg

次回は、~ウォーミングアップ編~です!


勝浦スポーツクラブ

鈴木

最近のブログ記事

日常生活での運動!
まいどはや。 最近、減量に努めている大垣…
KSCの歩き方~有酸素運動編~
こんにちは!鈴木です! 今年の夏休みもと…
効果的なマシンの使い方(PART.3)
こんにちは。 9月に千倉で行われるロード…
健康の輪が広がる!
まいどはや。 夏休みで少しだけ帰省をして…
ランニングの効果
こんにちは! 今年の夏、車のエアコン、家…