血圧を正しく測る5つのポイント

はいさい!!長濱です!

6月25日のブログで鈴木が、KSCでは運動前後に血圧の測定をお勧めしていると書きました。

日頃から血圧を測られている方から

「血圧の数字がよく変わるんだけどー」という声を時々耳にします。


血圧はその時々の状況によって変わるものと考えましょう。

周囲の環境、室温、洋服、測定時間、食事時間、排尿時間、睡眠時間、カフェインの摂取、体調、精神状態、測定姿勢、会話の有無、カフ位置など様々なことが数値に影響します。

あくまでも体調管理のための指標の一つとして捉えましょう。

できるだけ正確に測るために下記の5点を特に守りましょう。

・正面を向き背筋を伸ばして座る

・カフは心臓と同じ高さ

・会話をせず、5~6回深呼吸後に測定

・素肌または薄着で測定

・排尿、排便後は数分経過してから測定

20170731.jpg

日頃の血圧測定から体の不調に気づくことで、病気の早期発見に繋がります。

できるだけ正確に血圧を測定し、安全に体を動かしましょう。


勝浦スポーツクラブ

長濱

最近のブログ記事

いつもと違った刺激はいかが?
こんにちは。KSCのケビン・コスナー(自…
KSCの歩き方~筋トレ編~
こんにちは! 皆さん、お盆期間中はいかが…
効果的なマシンの使い方(PART.2)
こんにちは。 世界陸上(すでに閉会)や甲…
KSC カラダチェック 「身長」~その4~
こんにちは。濱崎です。 身長が縮む主な3…
夏!スポーツ!楽しい!
こんにちは和田です! ようやく台風5号が…