低体力の子どもは老後寝たきりに・・・

はいさい!!長濱です。

先日、テレビで小学校の運動会について取り上げられていました。

運動会に行う障害物競争は危ないから飛び越えられない生徒は下をくぐっても良いとしていると。。。

遊具や体育の〇〇の授業はケガをしそうで危ない。

という声を時々お聞きします。お気持ちは十分わかります。

でも、どうしてそういう授業や運動会種目、遊具があるのかを考えて欲しいです。

安全に日常生活を送るための必要な能力を身につけるためにも障害物を飛び越える能力が必要です。

保護者が理解をする努力も必要ですが、学校の先生がきちんと理解と説明をすべきだと思います。

 

ここ何年かずっと子どもの体力低下が問題視されています。

子どもの遊びというのは、脳からの指令を受けた体がその通りに動くかの練習のようなものです。

遊びや体育の授業を通して、ある程度の運動能力を身につける必要があります。

それにより、転びそうな時にとっさに受け身を取る能力や危険察知能力のようなものが身につきます。

同時に筋力も身につき、代謝の良い体も作られます。

潜在的な筋力が弱く、転んだ時に受け身が取れない子どもが年齢を重ねるとどうなるか。。。

愛するわが子が楽しく幸せな老後生活を送る準備は小さい頃から始まっています。

もちろん安全管理をしっかりした上で、体を思う存分動かせる環境づくりをしたいと思ったニュースでした。

 

今日の一枚

20160302.jpg

2日間限定のひな祭り松野地区会場

有志で集まった団体の方が作成とは驚きです。非常に綺麗でした。

 

勝浦スポーツクラブ

長濱

最近のブログ記事

新年度、良いことが起きそうな予感!?
まいどはや。 新年度、ブログ更新のトップ…
あなたの体脂肪量・筋肉量は標準ですか?
こんにちは。 先日初めて、かつうらビッグ…
2018年!謹賀新年!
新年あけましておめでとうございます! 本…
今年最後のウォーキングクラブ
まいどはや。 只今、忘年会の余興練習に必…
海中より盃中に溺死する者多し
こんにちは。KSCの吉田類(自称)こと稲…