脳震盪

 久しぶりのブログです。

今日は、アスレティックトレーナーとして少しKSCでの活動から離れた内容となります。

「脳震盪」についてです。会員様のお子様、またお孫さんに関わることかもしれません。

なでしこ、ヤングなでしこの活躍もあり女子のサッカー人口の急増は簡単に想像がつきます。その影響で日本女子サッカーの底辺は広がりさらなる活躍が期待できます。

ただそれと同時に考えられる問題もいくつかあると思います。その中の一つが脳震盪。

サッカーで脳震盪は以外と思う方も多いかと思いますが、結構な頻度であります。

私が働いていた大学、高校では毎年必ず脳震盪で一定期間の休養を必要とする選手がでていました。

コンタクトスポーツですので色々な形で頭に衝撃が加わります。頭同士、頭と肘、頭と地面、頭とボールなど。男子選手よりも脳震盪に至る頻度は多く、その原因の一つとして、筋肉の強さと反応のスピードがあるそうです。頭の大きさは男女差はそこまで無いのに首の強さがちがう。衝撃が加わった時に頭の振れる幅が大きくダメージが加わる。それと頭を支えようとする首の筋肉の反応がほんの少し女性の方が遅いのだそうです。

私が働いていたアメリカの地元の新聞で取り上げられていたのですが、ある高校の女子チームが学校の規定でサッカー用ヘルメットの着用を義務付けたそうです。

http://www.myfoxphilly.com/story/19007998/high-school-girls-soccer-team-to-wear-helmets 

(写真付き)

ここ数年アメリカでは女子中高生に人気スポーツの女子サッカーで脳震盪は問題となっていましたので、私を含めいろいろと対策を練ってはいたのですが、このヘッドギアも「かっこ悪い」などが理由であまりつけてくれませんでした。ただ、学校レベル、協会レベルで決めてしまえば、さすがにおしゃれな女子生徒も好きなサッカーをやめる選択肢を選ばず、ヘッドギアをつけるようです。

まだ学校単位の決定ですが、そのうち効果が見られればリーグに広がり、多くの選手を救うこととなるでしょう。そう遠くない将来、日本でも必要とされる時が来ると思います。その時にこの学校のような素早い対応をアスレティックトレーナーとしてできたらと思います。

 

勝浦スポーツクラブ

川村拓也

最近のブログ記事

新年度、良いことが起きそうな予感!?
まいどはや。 新年度、ブログ更新のトップ…
あなたの体脂肪量・筋肉量は標準ですか?
こんにちは。 先日初めて、かつうらビッグ…
2018年!謹賀新年!
新年あけましておめでとうございます! 本…
今年最後のウォーキングクラブ
まいどはや。 只今、忘年会の余興練習に必…
海中より盃中に溺死する者多し
こんにちは。KSCの吉田類(自称)こと稲…