208

 梅雨入りしましたが、ここ数日はとても爽やかで、過ごしやすい日がここ勝浦では続いています。

さて、突然ですが、タイトルの数字「208」は何を意味するでしょう。

そういえばヒトのカラダを構成する骨の数ってそれくらいではなかったかな?

残念。その答えは206。

では「208」とはなにか。それは私が昨年の人間ドックから今年の人間ドックの間に行った運動の日数です。私ごとで恐縮なのですが、今年の人間ドックで腹囲がなんと-7cm!だったのです。メタボリックシンドロームの判断基準の一つの腹囲。男性だと85cm以上で危険とされています。昨年は上回っていましたが、今年は下回りました。

そこでどうしてこのような結果が出たのかを調べるために私のワークアウト日記を引っ張り出し、カラダを動かした日数を数えてみたのです。それが366日のうち208日でした。

208日の内容ですが、通勤時の自転車、ロードレースのトレーニングのためのランニング、筋力アップのための全身の筋力トレーニングが主でした。負荷は比較的高かったです。

単純に208日動いたからおなか周りがすっきりしたとは思っていません。食事も「バランスの取れた食事を腹八分目」を心がけておりました。この心がけは-7cmに大きく貢献したと思っております。

定期検査と生活習慣の見直しは予防医学の根底にあるものだと考えます。当スポーツクラブでも定期的にメディカルチェックを受けていただき、現状を知り、対策を練るといったことで、健康の維持・改善・促進を図っております。

今回自分自身の身体の変化を受けて、勝浦スポーツクラブで取り組んでいる事は、正しいことなのだと、再認識させられました。

 

川村拓也

最近のブログ記事

2018年!謹賀新年!
新年あけましておめでとうございます! 本…
今年最後のウォーキングクラブ
まいどはや。 只今、忘年会の余興練習に必…
海中より盃中に溺死する者多し
こんにちは。KSCの吉田類(自称)こと稲…
秋晴れの鳴海ロードレース
まいどはや。 昨日、鳴海ロードレースの応…
初☆かつうら魅力市
こんにちは!鈴木です。 台風が過ぎ、11…