心肺蘇生法(CPR)

こんばんは、芦田です!
 
先日、心肺蘇生法(CPR)の講義を受けてきました。

CPRとは脳への酸素供給維持です。

人間の脳は2分以内に心肺蘇生が開始された場合の救命率は90%程度、4分では50%、5分では25%程度となります。

したがって、救急隊到着までの数分間(5~6分)に現場に居合わせた人によるCPRが行われるかどうかが救命率に大きく左右するわけです。

みなさんも自動車の免許を取得する際など、一度は受けたことがあるかもしれません。

講義を受けたことがある方々、急に目の前で人が倒れたときに的確な処置を施すことができますか?

今回、私に講義をして下さったインストラクターの方がとても熱い方で、最後に「この講義をする度に、命が助かる確率が上がっていると信じて行っています」とおしゃっていました。

普段の生活で必要になることは一生に一度あるかないかですが、その一度を正確に行えるだけの準備は常にしておかなくてはなりません。

KSCスタッフも隣が病院だから大丈夫!!などと油断せず、定期的な訓練をしていくべきだと感じました。



勝浦スポーツクラブ
芦田広太

最近のブログ記事

2018年!謹賀新年!
新年あけましておめでとうございます! 本…
今年最後のウォーキングクラブ
まいどはや。 只今、忘年会の余興練習に必…
海中より盃中に溺死する者多し
こんにちは。KSCの吉田類(自称)こと稲…
秋晴れの鳴海ロードレース
まいどはや。 昨日、鳴海ロードレースの応…
初☆かつうら魅力市
こんにちは!鈴木です。 台風が過ぎ、11…