強く、速く、長く

KSCの会員様ならだれでも参加できるプログラムで「燃焼系600秒」というものをやっております。比較的年齢の低い、運動量が多く、なおかつ速く動ける方、つまりアスリートを対象としたプログラムです。内容もアスリートの瞬発力と体力アップを目的としたものになっていて、かなりきついです。

にもかかわらずアスリートの方だけではなく幅広い層の方が参加されていて、現在では60代の方も一緒に汗を流しています。しかもその中には年齢を全く感じさせないスピードでついて来られる方がいます。そのスピードも30代の人よりも早かったり、私のものとほぼ同じです。いつも驚かされます。

昨日の読売新聞にこんな記事がありました。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110108-OYT1T00656.htm

アメリカの医師の研究発表で、速く歩ける人ほど長生きする傾向があるという内容のもの。ここでは強い心肺機能と筋力が目安になっていたようで、この目安だと燃焼系に参加されている60代の方は相当長生きされるのだろうなと思わされました。

改めて運動の素晴らしさを思い知らされました。

 

川村拓也

最近のブログ記事

新年度、良いことが起きそうな予感!?
まいどはや。 新年度、ブログ更新のトップ…
あなたの体脂肪量・筋肉量は標準ですか?
こんにちは。 先日初めて、かつうらビッグ…
2018年!謹賀新年!
新年あけましておめでとうございます! 本…
今年最後のウォーキングクラブ
まいどはや。 只今、忘年会の余興練習に必…
海中より盃中に溺死する者多し
こんにちは。KSCの吉田類(自称)こと稲…